FX入門〜初心者おすすめ8社口座デモ取引比較 2022年1月版

2022年1月10日

デモ取引比較概要

このページでは、株式や投信などへの投資経験があるベテラン投資家も含めた、入門者や初心者のFXの始め方に適した「ABSの今井雅人によるFX初心者のための入門・始め方と口座比較」おすすめ8社のデモトレードツールを比較、解説していきます

 

FX入門者や初心者を対象とした本サイトでは、デモトレードツールを重視しています。今井先生が本文の「守破離で身につけるFX入門〜初心者おすすめ必勝パターンと離に達するまでは少額投資!」で詳述されていますが、プロでもデモトレードで実績を上がるまでは本当の資金でポジションを持つことは許されないからです。

 

デモ取引で十分練習を積んでから本番に望むのが賢明なのです。では以下、各社のツールについて比較していきましょう。

 

1位:SBIFXトレード:デモ取引はないが最低1通貨単位

SBIFXトレードにはデモ取引はありませんが、の最低取引単位は1単位であり、非常な小さな資金で口座開設後に本当の取引を体験しつつ、腕を磨くことができます。

 

当サイトでも、”まずはデモトレードから”と実取引の前にデモ取引で練習することをおすすめしています。しかしその理由は、今井先生がオリジナルとなった著書を書かれた際には1万通貨が最低取引単位だったからです!

 

デモ取引は実際の自己資金を動かしているわけではないので、緊張感がありません踏まれて、耐えきれなくなって損切りをする、さらにはドテンをして往復ビンタを喰らうなどのように心理的に追い込まれることがないのです。それどころか、FXは初めてだが株式取引には経験が厚いベテラン投資家ならば冷静にナンピン売りをするというFX の常道に反したことを行うこともあるでしょう。

 

従って、デモ取引など行わずに、最初からこのSBIFXトレードに口座を開設して、ゲーム感覚で1通貨とか10通貨単位でトレードを行うことをおすすめ致します。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | SBIFXトレードへ

1位:外為オンライン:期間無制限の自動売買も備えたデモ取引ツール

デモトレードを比較してみると、ほとんどのFX会社は1ヶ月に設定していることがわかります。それに対して、外為オンラインのデモ取引ツールは期間無制限です。

 

会社や学校などで忙しく過ごしていると、1ヶ月などあっという間に経ってしまいます。マイペースで好きなだけデモトレードで練習できるのは、FX入門者や初心者にはありがたいですよね?パソコンがなくとも、昼休みや外出時にもスマホで練習することができます

 

さらに、デモトレードの内容も手抜きはされていません。本番と同じ内容の取引をパソコンでもスマホでも事前に、自信がつくまで好きなだけ体験できます。為替レートやニュース、経済指標、口座状況などを表示する画面は本番環境と同じです。チャートも26種類のテクニカルに加え、トレンドライン、ギャンファン、フィボナッチの3カテゴリーから15種類が描画できます。

 

証拠金300万円が用意され、自由に取引ができます。自動売買ツールも装備されています。この点が他社と比べると差別化要因となっています。こうした理由で2位とさせていただきました。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外為オンラインへ

 

1位:外為どっとコムランキングもあり本気になれるデモトレード

外為どっとコムは、デモトレードにも一工夫しています。デモトレードは自分の身銭を切るわけではなく、どうしてもFXで一番重要なメンタル面のトレーニングができません。その点が大きな欠点でした。

 

外為どっとコムでは無料でエントリーできるデモトレードのコンテストである「バーチャルFX」コンテストを開催しています!第38回目の2021年6月から8月まで開催の大会では賞金総額100万円、優勝賞金は10万円、30位から100位まで入賞された方には5千円のAmazonギフト券などが提供されました。

 

図6バーチャルFXコンテスト
図1 バーチャルFXコンテスト

 

こういう趣向があるとやる気になるの、でデモトレードでもメンタル面を磨くことができます。コンテストで入賞して自信がついてから本当のトレードを開始するのが、FX入門者や初心者にとって理想の形といっても差し支えないでしょう。

 

入出金などの一部の機能を除き、ほぼ本番と同じ機能を備えているそうです。最初に用意される証拠金は500万円ですが、なくなっても何度も再開できるそうです。ただし、有効期間は登録日から90日とのことです。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外為どっとコムへ

1位. DMMFX:3種類のデモ取引ツール

競合他社と比較しても、DMMは業界でも最高水準のデモ取引ツールを用意しています。メアドやニックネームなどを登録するだけで5分で登録は完了します

 

PCやタブレット版で初心者用の1画面に全てを集約したDMMFX DEMO/STANDARDに加え、スマホ版でPC版と同等の機能を搭載したDMMFX VIRTUAL、さらに上級者用のツールと3種類が用意されています。

 

スマートフォン版iPhone / AndroidPCに匹敵する機能性を備えた充実のスマートフォン取引アプリ。

DMMFX VIRTUAL
図2 DMMFX VIRTUAL

 

  • 人気のテクニカル指標を多数搭載
    チャートを見ながらワンタッチで発注
  • PC版ツールに引けを取らない機能性
    お取引から情報収集までこのアプリで完結
  • レートの到達や指標発表をお知らせするポップアップ機能で取引機会を見逃さない

 

スマホアプリでは、トレード、スピード注文、レート、ニュースや経済指標からなるマーケット、チャート、口座照会からなる本番環境と同じ画面でのデモ取引が、登録後わずか5分で開始できるのです!デモトレードでも実際の売買と同じ為替レートを採用、操作感も同じなので、実際のトレードを始める前にツールに馴れることができます

 

リアルのトレードでの証拠金にあたる供与される口座資金も500万円なので、一般の方には十分な額といえるでしょう。しかも万一口座資金が50万円を割っても、自動的に同額が追加されます。

 

デモトレード利用期間は、概して1ヶ月という場合が多いのですが、DMMFXの場合は3ヶ月に設定されている点からも、3位とさせて頂きました。

 

2022年年版FX初心者おすすめ口座比較 | DMMFXへ

 

5位. 外貨ex by GMO:15種類のチャートと1ヶ月の有効期限

外貨ex by GMOは、口座を開設しなくとも、デモ口座を開設すればすぐにデモ取引を開始することができます。

 

顧客のポジション状況をグラフ化した「みんなのオーダー」機能は使えませんが、為替レート、チャート、ニュース、経済指標などの基本機能は使うことができます。400万円の為替証拠金が用意されます。

 

チャートは一目均衡表や移動平均などの基本指標が9種類、RSIやMACDなどの補助指標が6種類、合わせて15種類が用意されています。外為オンラインのように充実はしていませんが、FX入門者や初心者には十分といえるでしょう。

 

デモトレードの有効期限はデモ口座開設から1ヶ月となっています。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外貨ex by GMOへ

6位. GMOクリック証券:PC 版とスマホアプリは連携しておらず、必要最小限の機能で有効期限は1ヶ月

GMOクリック証券ではFX初心者用のデモ取引ツールが用意されています。他に「はっちゅう君FX+」もありますが、こちらは自由にカスタマイズでき、スピードが自慢のスキャルピングやデイトレードに便利な経験者用のツールなのでFX入門者や初心者の実トレード前のツールとしてはFX初心者用のもので十分でしょう。しかし、必要最低限の機能のみです。

 

10万円から9999万円まで、任意に元金を決定できます。取引可能な期間は業界標準の登録後1ヶ月となっていますので、あっという間に時間がすぎてしまいます。勉強する時間のある仕事に余裕がある時に登録するのが良いでしょう。

また、スマホ版は後から追加されたので、PC版と連動していないという点も不便ですよね。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | GMOクリック証券へ

6位. マネーパートナーズ:デモ取引はないが100通貨単位のPFXnanoを用意

マネーパートナーズは、主要FX会社7社を比較した「FXサービスパフォーマンステスト」において、唯一のスリッページ発生率0%の会社です。システムの安定性に力を入れているため、サーバーに負荷をかけないようにあえてデモ取引は用意していないそうです。

 

その代りに、100通貨単位から売買できるPFXnanoを用意しており、レバレッジ5倍でも米ドル/円を2200円から取引開始できます。

 

重ねて申し上げますが、デモトレードは実際と異なり、実際の自己資金を運用していないため、緊張感が全くありません。いくら損失を出しても精神的に追い詰められることはありません。今井先生は精神論に非常に重きを置いてらっしゃいます

 

そうはいってもSBIFXトレードのようじ22円から開始できるわけではないので、1取引2200円の証拠金がかかると、デモトレードの代わりというわけにはいかないでしょう。他社のデモトレードと比較しても最低でも400万円の証拠金が用意されているので、2200円を1単位とすると200回ほどの取引の練習ができるわけです。デモ取引など面倒くさいという方や裕福なFX入門者や初心者にしかおすすめできないので、7位とさせていただきました。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | マネーパートナーズへ

 

8位. FXプライム by GMO:マーケット情報やチャートも使えない

 

FXプライby GMOも、デモ取引は用意はしていますが、有効期限は1ヶ月です。さらに問題なのは、実際の取引と異なりチャートや市場情報も使えないことです。これでは本番のトレードとは全く異なるので、あまり練習にもならないですよね?

 

そういうわけで、デモ取引に関しては、最下位とさせていただきました。

 

2022年版FX初心者おすすめ口座比較 | FXプライムbyGMOへ

 

結論

「ABSの今井雅人によるFX初心者のための入門・始め方と口座比較」の結論としては、デモ取引は用意していないが米ドルを取引がレバレッジ5倍ででわずか22円で始められるSBIFXトレードを1位としました。

 

また、自動売買取引ツールも備えており、本番さながらの環境で期間も無制限なので、自信がついてから口座を開設して、トレードを開始できる外為オンラインも首位としました。

 

3種類のデモトレードツールを用意し、期間も3ヶ月と他の会社の標準の1ヶ月と比較すると3倍で十分で、本サイトが対象としているFX入門者や初心者にとって重要なユーザビリティが高いDMMFXも1位に選んでいます。

 

この3社を中心にご自分にあったFX企業に口座を開設されてはいかがでしょうか?

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!