起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 ウイング(Wing)1

2020/10/26

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。今回からは、将来の起業家・アントレプレナーであるみなさんと、アルファベットによるドローン宅配サービスを開発するwing(ウイング)についてみていきましょう。まず第1回目はドローン宅配とWing(ウイング)プロジェクトの目標や革新性について振り返っておきましょう。

起業家・アントレプレナー注目!ドローン宅配サービスとその始まりとは?

起業家・アントレプレナーを目指すみなさんは、ドローン宅配サービスについて聞いたことがおありでしょうか?

ドローンについては日本でも話題となっていますので、ご存知でしょう。そのドローンを使用した、食品や薬などの商品の配送サービスのことです。ドローンですので、もちろん無人で自動運転されます。その歴史は、2013年に始まります。DHLの子会社が2013年12月に薬の配送のテスト飛行を実施しました。

そして、オーストラリア(2014年に米国ネバダ州に移転)にFlirteyというドローン宅配企業が設立され、2015年にはFAA(米国連邦航空局)から認められた薬品のドローン宅配に成功したのです。2016年には都市での宅配に、さらにはセブン・イレブンと組んで個人宅への宅配も、成功させました!

この最初の宅配を成功させたFlirtey社のドローンは、米国の首都ワシントンDCの観光名所であるスミソニアン博物館の中でも特に人気の高い国立航空宇宙博物館のコレクションとなる名誉を獲得したとのことです。

起業・スタートアップを目標とする方必見!アマゾンの参入による競争激化

2013年12月にアマゾンがドローン宅配サービスを開始すると発表すると、一気にドローン宅配が注目を集めることとなります。2015年にはアマゾンも、航空保安行政を司るFAAから、商業目的での試験飛行の許可を獲得しました。

2015年には、世界最大のスーパー・マーケット・チェーンであり、現在ではアマゾンが最大のライバルとなっているウォルマートも、試験飛行の許可を申請しました。ウォルマートの強みは、全米にある5,000の店舗から8キロ以内に、7割の人口が住んでいるというものでした。確かに8キロ以内なら、各店舗からドローンを飛ばせば、個人の住居にも十分届きそうですよね?

そして同じ2015年にアルファベット(当時はグーグル)も参入を表明し、Xプロジェクトの一つとしてドローン宅配事業の実現を目指すことになりました。これがWing(ウイング)プロジェクトと呼ばれるものです。

そして、同年には先行したアマゾンが約2キロの商品を25キロの距離まで30分以内に届けるという具体的なプランを発表しました。

大手企業の参入により世間の注目も集まり、まさに2015年に一気にドローン宅配サービスが実用に向けて動き出したとえいるでしょう。

起業家・アントレプレナー注目!世の中を良くするための宅配サービスのWing(ウイング)とその目標とは?

それでは、起業・スタートアップを目ざす閲覧者の方々と、いよいよWing(ウイング)について見ていきましょう。

Wing(ウイング)はアルファベットによる通常のヘリコプター形式ではなく、飛行機によるドローンでの宅配サービスです。

DHLやFedEXなどに代わる配送サービスを提供しようというだけでなく、両親が家を出られないときに病気の子供がいる家庭に食料を提供する、トラクターが壊れても修理できない農民を助けるなど、世の中を変革したい、困っている方を助けたいという精神のもとに設立されているのがアルファベットらしいですよね。このアルファベットの精神についてはこのメルマガを購読してきた未来の起業家・アントレプレナーのみなさんにはもうおなじみだと認識しています。

そして、ドローンによる配送で現在の車を使う配送と比べてCO2の排出を減少させ地球温暖化に貢献したいという目標も掲げていますEPA(アメリカ合衆国環境保護庁)によると、2017年にはアメリカではCO2の28%が輸送から排出されているそうです。

そして、CO2排出の減少に貢献するだけでなく、シリコンバレーでは特に大きな問題になっている渋滞の解消にも役立つと期待されているそうです。

現行の輸送サービスよりも、よりはやく、安く、環境に優しいサービスを目指しているのです。

起業・スタートアップを目指す方必見!Wing(ウイング)の他のドローンと比べた革新性とは?

Wing(ウイング)のドローンには以下のような特長があります。

  1. 電気自動車同様に電気で作動するので排気ガスは排出しません
  2. ヘリコプター型ではなく飛行機型なので、地上約120メートルの上空を飛び、時速120キロものスピードがでます。
  3. アルファベットのGoogleマップなどの技術が転用され、荷物を正確に目的地のドアにまで届けることができます。
  4. アルファベットのマシンラーニング技術を用いて、樹木やビルや電線などの障害物を避けて安全で便利な場所を探し出すことができます。

Wing(ウイング)でも、アルファベットの他の子会社同様に、各社の技術をうまく転用することで同業他社に差別化していることが、起業・スタートアップを準備している閲覧者の方にもご理解いただけたのではと思います。

次回はWing(ウイング)の歴史やその特長についてさらに掘り下げていきたいと思います。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。