• ホーム
  • 海外企業紹介
  • 起業・スタートアップのためのシリコンバレーの企業紹介 SRI インターナショナル 2

起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 SRI インターナショナル 2シニア・女性・学生の起業でも注目のスタートアップ

2020/07/28

アタッカーズ・ビジネススクールの、スタートアップを目指すシニア・女性等への、起業のアイデアとなるシリコンバレー等の注目企業紹介のコラム。今回は前回に続いて、SRI インターナショナルについて紹介を続けていきます。

起業家・アントレプレナー注目!SRI インターナショナルは軍だけでなくスタンフォード大学との関係も深い!

SRI インターナショナルは非営利組織ですが、民間企業と同様に最高議決機関である取締役会を有しています。

取締役会は12名のメンバーから構成されていますが、ほとんどのメンバーはWikipediaでその経歴を知ることができる著名人で占められています。

名誉議長は、米国のトップ銀行の1つであるバンク・オブ・アメリカの元CEOの、アーマコスト氏です。議長は、前職が米国でも屈指のスタンフォード大学病院とスタンフォード医学部からなる組織の取締役会議長や暫定CEOを務めたビジネスマンの女性が務めています。ちなみに、日本とは異なり、米国では専門職である医師ではなくビジネスのプロが病院長を務めるのが普通です。

他のメンバーにはスタンフォード大学のMBAの教授もおり、未だにスタンフォード大学との繋がりは強いようです。やはり公式の関係はなくなったとはいえ、場所が近いこともあるのでしょうね。

また、こうした銀行家やビジネスマン、科学者や研究者からなる取締役会メンバー12名の中に、退役将軍や現役の将校など軍関係者が3名も名を連ねています。この点がやはり、他の研究機関にはない特徴だといえるでしょう。

第3回目と第6回目の記事で詳細については解説しますが、SRI インターナショナルは軍事関係の開発も多く手がけており、その技術を民間に転用することが特徴だといえばご理解頂けるでしょうか?

起業・スタートアップを目指す方必見!SRI インターナショナルの研究員の殆どはPh.D.

SRI インターナショナルではCEOのジェフリー氏はもちろん、その研究員の殆どがPh.D.の称号を誇る各分野に秀でた博士です。筆者は数十人のSRIの研究員を知っていますが、その全員がPh.D.の資格を有していました。また、ビジネスデベロップメント担当のNO.2とのその部下の幹部は研究員ではなくPh.D.ではありませんが、二人共MBAホルダーでした。

日本ではポスドクの就職問題が社会問題となっていますが、米国ではPh.D.を取得していないと技術系の会社や研究機関のトップになるのは困難です。学会では名前の前の称号を選ぶ際に、Mr.やMs. (既婚のMrs.と未婚のMissのどちらにも使えるため女性にはこれが使われる) の他に、Ph.D.が用意されています。

日本で博士号を持たれている起業家・アントレプレナーを目指す女性やシニア・若年層のみなさんは、日本を離れて海外で挑戦されてはいかがでしょうか?優秀な研究者の方が日本を離れるのは国力減少に繋がるのであまりお薦めするのは良くないのかもしれませんが、就職などで悩まれている方はご自分の専門の研究機関や企業にCVを積極的に送付してみるのもありでしょう。

また、これはご存知かもしれませんが、米国では経営幹部になるためにはMBA、その中でもトップ20と呼ばれる有名大学のMBA資格を有することが必須です。

閲覧者の方が起業されて海外展開も考えるのでしたら、海外のカウンターパートと渡り合えるPh.D.やMBAホルダーの方を経営幹部に迎えると海外パートナーの御社を見る目も変わってきますので、頭の片隅にでも入れておいてください。

起業家・アントレプレナー注目!SRI インターナショナルの主要業務とは?

SRI インターナショナルがカバーする領域はコンピューターやセンサー、半導体からバイオ医療、エネルギーや環境、国防、航空宇宙、素材と多岐にわたっています。

主たる業務

  1. 政府や民間企業から資金を獲得した上での研究開発
  2. 1.から発展させたM&Aも含む戦略的提携
  3. その技術のライセンス提供
  4. その技術をスピンオフした上での民間企業との共同でのスタートアップ企業設立

となります。

そして起業家を目指すシニア・女性・若年層の方々に一番興味があるであろう4.を担当しているのが、後述する子会社のSRI ベンチャーズです。

次回はSRI インターナショナルが開発してきた、みなさんの周りにある製品について解説したいと思います。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。