起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 SRIベンチャーズ1シニア・女性・学生の起業でも注目のスタートアップ

2020/08/03

SRI インターナショナルについての紹介も6回目となります。今回からはSRIベンチャーズについて紹介していきます。

起業家・アントレプレナー注目!SRIベンチャーズの他のVCとの違いは?

SRIベンチャーズとは、SRIインターナショナルの技術・知財をベースに、提携企業やスタートアップとのスピンアウト企業の設立の手助けを担当している子会社です。

ベンチャーキャピタルの範疇に入るそうですが、ノンプロフィット企業であるため、特定の企業からの資金調達は行わず、ソフトバンクなどのように個別のファンドの運用もしません。その資金はスピンアウト企業からの利益や技術のライセンスフィーから成っています。

アーリー・ステージのベンチャーに特化しています。

数千万円規模の資金を提供することもありますが、それよりも、スタートアップに高度な技術とその知的財産権を提供する点で他のVCと差別化しているとのことです。

何度も紹介してきたDarpaやNIHなどの政府機関のためにSRI インターナショナルが研究し、実用化された技術と特許。これらは、製品化後には、SRI インターナショナルに帰することとなっています。そのためSRI インターナショナルは、長年に渡る研究の成果である高度な技術とその特許を有しているということです。

以前にご紹介した携帯電話、インターネットの前身、コンピュータのマウス、Siri、LCDディスプレイ、手術用ロボットなどは、すべてSRI インターナショナルが開発した製品です。この中にはもちろん、特許期限が切れているものも多く含まれています。しかし、これらの製品はあくまでも一例であり、多岐な分野において多くの世界成功レベルの技術と特許、そして研究員を要しているわけです。

最も有名なVCであるセコイア・キャピタルでさえ豊富で優秀な人材と資金と実績が武器であり、SRI ベンチャーズが通常のVCから差別化していることが、将来の起業・スタートアップを目指すシニア・女性・若年層の方にもご理解頂けたと思います。

起業・スタートアップを目標とする方必見!SRIベンチャーズのビジョン、目標と実績

SRIベンチャーズのビジョンはAlphabet(アルファベット)同様に、世の中をよりよい場所にすることです。

SRI インターナショナルが有する高度な技術と知的財産をベースに、AIやロボティックスなど最も複雑で難解な領域において、起業家やスタートアップ、VCと協業しながら次世代のゲーム・チェンジャーとなりうる技術を開発することを目標としています。

SRI インターナショナルがスピンアウトした企業は60社を超え、その時価総額の合計は約2,200億円となっています。4社は上場を、買収された会社は約30社となっています。

つまり、IPOは7%、エグジットの確率が50%ということになります!考えられないほどの成功率ですよね?

最終回では、分野ごとにスピンアウトされた代表的な企業の概要と買収されたケースでは買収会社、上場した場合は市場を表示する予定です。起業家・アントレプレナーとなられるみなさんの参考になれば幸いです。

SRIベンチャーズが設立されてからまだ10年しか経っていませんが、その後スピンアウトに力を入れ始め、コタリ社長の就任後に活動が活発化したそうです。筆者が2018年末にコタリ社長と会った際の話では、2018年だけでも8件ものスピンアウトを行ったとのことでした。

しかし、8件というのは非常に素晴らしい数字なのですが、当然の結果のようです。SRIベンチャーズでは1,000ものプロジェクトを数年にわたり運営しており、そこから厳選されたものだけがスピンアウトされるからです。

こうした近年の急速な業績拡大が認められ、2020年にはコタリ社長は本体であるSRIインターナショナルのNo.2である社長に就任しました!

次回は、SRIベンチャーズの特徴と成功要因について解説していきます。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。