• ホーム
  • 海外企業紹介
  • 起業・スタートアップのためのシリコンバレーの企業紹介 Nest Labs (ネストラボ)1

起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 Nest Labs (ネストラボ)1

2020/11/24

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。将来の起業家・アントレプレナーであるみなさんは、スマホで家庭の家電を操作できるスマートホーム/ホームオートメーションについてお聞きになったことがあると思います。今回からは、そのスマートホーム事業を展開するNest Labs(ネストラボ)について解説をしていきます。

起業家・アントレプレナー注目!スマートホーム/ホームオートメーションとは?

ところで、スマホと呼ばれているiPhoneなどの新型携帯は、スマートフォンの略です。スマートは日本ではかつては細身の人という意味で使われていましたが、これは和製英語であり、欧米では頭がいいということを表します。つまり、スマホは従来の携帯電話に比べると、様々な機能を備えた賢いモバイルフォンとなります。

そうなるとスマートホームは“賢い家”という意味になるわけで、より安全で快適な暮らしを実現できる住宅と定義されるでしょう。そしてここで使用される主要な技術が、起業・スタートアップを目標とされている閲覧者の方ならばご存知のIoT(Internet of Things、モノがインターネットに接続される)とスマートスピーカーに搭載されたAIや音声認識技術、顔認識技術となります。

スマートホームでは、スマートスピーカーと連動して声で家電を操作するホームオートメーション、不在時にドアや窓が開けられるとスマホに連絡がくるセキュリティ、監視カメラで室内や家族の様子が確認できる監視、センサーによる省エネなどの機能があります。

起業・スタートアップを目指す方必見!Nest Labs(ネストラボ)とその沿革は?

未来の起業家・アントレプレナーである読者の方々は、以前ご紹介したDandelions Energy(ダンデライオン・エナジー)のコラムで海外のホテルでお馴染みのセントラル・ヒーティングシステムについて触れたのを覚えていらっしゃるでしょうか?

Nest Labs(ネストラボ)は、この基幹となるサーモスタット(温度調節器)や煙探知機を革新的なものにしようという創業者のファデル氏の思いから2010年に設立されました。こうした重要であるのに無視されてきた地味な機器にスマート機能をつければ、世の中の役に立つということです。

2011年には最初の製品であるスマート・サーモスタットが250ドルで、2013年には煙探知機が発売されました。

2014年にはGoogleに買収され、その子会社となりました

そして同年には監視カメラを製造するDropcam(ドロップキャム)社を買収、2015年にNest Cam(ネストキャム)というブランド名でローンチしました。

2015年にGoogleがAlphabet(アルファベット)という持株会社を設立したわけですが、その後はAlphabet(アルファベット)の子会社として運営を続けていました。しかし、2016年にはファデル氏がCEOを退任し顧問となり、2018年にアルファベットではなく検索エンジンと検索連動型広告を主体とするグーグルの傘下に入ります。

2017年には金属ではなくプラスチック製で、機能を絞った廉価版のEタイプサーモスタットを180ドルでリリースしました。デザインが平凡なものになってしまったのは、やはりファレル氏の退任の影響が大きかったのでしょう。

2019年にはグーグルWi-FiやChromecastなどの家電製品はGoogle Nest(グーグルネスト)というブランド名を採用することとなりました。

起業家・アントレプレナー注目!Nest Labs(ネストラボ)の今後の展開

Nest Labs(ネストラボ)は、設立当初は急成長を遂げました。2014年にはNest Thermostat(ネストサーモスタット)がベルギー、フランス、アイルランド、オランダでも発売されました。

しかし、その後は成長が緩やかになりました。2016年のフォレスターリサーチの調査によると、IoT先進国の米国でも僅か6%の家庭しかIoT機器を保有していなく、2021年までにも15%にしか成長しないという市場自体がまだ未成熟だということが一番の理由のようです。

そうはいっても、2017年までには数百万台を販売、現在ではNest Thermostat(ネストサーモスタット)は米国と上記の5カ国のほかに、カナダ、メキシコ、英国、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペインの13カ国で発売されています。その他多くの国の冷暖房システムと互換性があるので、利用可能国はさらに増えていくでしょう。

さらに、廉価版のEタイプの発売も追い風となるでしょう。

また、音声アシスタントとの統合もすすんでいます。「Works with Nest(ネスト)」という開発者プログラムには数万人のデベロッパーが参加しているので、アレクサやグーグルアシスタントとの協業によりユーザビリティもどんどん向上していくと考えられます。

煙探知機のNest protect(ネストプロテクト)は米国、カナダ、英国、ベルギー、フランス、オランダで発売されています。

Dorpcam(ドロップキャム)の監視カメラも2015年発売の室内用のNest Cam Indoo(ネストキャムインドア)に加え、2016年には屋外用のNest Cam Outdoor(ネストキャムアウトドア)がローンチされています。

2017年には4Kカメラセンサーや顔認識システムを備えたプレミアムモデルのNest Cam IQ(ネストキャムアイキュー)も299ドルで室内用が、防水仕様の屋外用と共にリリースされました。

Nest Cam IQ(ネストキャムアイキュー)はカメラに人が写ると自動でズームしその人物の静止画を撮影、画像をスマホに送付してくれるそうです。これがあると、留守中も安心ですよね?

ナイトヴィジョンやアラート機能も備えているようです。スピーカーとマイクが内蔵されているので、スマホアプリで通話もできるとのことです。この製品はNest Thermostat(ネストサーモスタット)以来のゲームチェンジャになると期待されているそうです。

またNest Secure(ネストセキュア)という、アラーム音やマイク付きのセンサーを備えたNest Guard(ネストガード)とドアや窓のセンサーとデジタル認証機能付きの鍵からなるNet Detect(ネストディテクト)で構成されているホーム・セキュリティ・システムもリリースしました。大手警備会社と提携もしています。

訪問者が玄関に来た際にスマホやタブレットなどに知らせてくれる、インターネットに接続しており顔認証機能がついている、スマートドアベルと呼ばれる製品であるNext Hello(ネストハロー)も2018年にローンチしています。

イェール大学と共同開発した認証されたスマホなどの機器によりドアのロックやアンロックを行うスマートロックという製品のNext x Yale(ネストエックスイェール)も同年発表しています。日本ではQrioという製品がスマホやスマートスピーカーで解施錠できると一時話題になりましたが、それと同じような製品です。

グーグルが開発したグーグルWi-Fiやスマートスピーカーも上記のブランド戦略の変更によるGoogle Nest Wi-Fi(グーグルネストワイファイ)となり、Nest(ネスト)の製品群の一つとなりました。

以上のように、Nest Labs(ネストラボ)はゲームチェンジャとなったサーモスタット以外にも多くの製品をラインアップしてきました。今後の発展が楽しみですよね。そして、最新ニュースによると、2020年10月には主力製品のNest Thermostat(ネストサーモスタット)の最新作を発表、センサーを搭載しながらも価格は前機種の約半値である129.99ドルだそうです。これでアメリカでは一気に家庭でのセントラル・ヒーティングが進みそうですね。羨ましい限りです。

次回はNest Labs(ネストラボ)のプロズとコンズについて見ていきましょう。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。