• ホーム
  • 海外企業紹介
  • 起業・スタートアップのためのシリコンバレーの企業紹介 GoogleGlass (グーグルグラス)1

起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 GoogleGlass (グーグルグラス)1

2020/11/16

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。今回からはAR(拡張現実)とウェアラブル・コンピュータのGoogle Glass(グーグルグラス)について、将来の起業家・アントレプレナーであるみなさんと共に見ていきましょう。

起業家・アントレプレナー注目!巣ごもり消費による影響でARに脚光が集まる?

現在新型コロナウイルスの影響でテレワークが実施され、巣ごもり消費が活発化しています。ネットフリックスの新規加入者や、「あつまれどうぶつの森」の購入者が急増しているそうです。閉館中の美術館はオンライン展示を、オペラハウスなどはストリーム配信を実施しています。

こうした中、ARについても注目が集まるかと思いGoogle Glass(グーグルグラス)とGoogle AR(グーグルAR)について解説することにしました。

起業・スタートアップを目指す方必見!Google Glass(グーグルグラス)とその特長とは?

まずは、Google X(グーグルX)のプロジェクトの一つとして開始されたGoogle Glass(グーグルグラス)について、説明していきましょう。

一般には大きな誤解があるのですが、実はGoogle Glass(グーグルグラス)はグーグルのAR部門の開発製品とは異なり、AR機能は装備していません。アップル・ウォッチに代表されるスマート・ウォッチのメガネ版と考えると分かりやすいでしょうか?

ハンズ・フリーで情報を表示し、自動音声でインターネットにアクセスできるようにHMD方式が採用されています。OSはスマホ同様、アンドロイドです。

当時のGoogleのCEOでファウンダーのブリン氏によると、Google Glass(グーグルグラス)は、「スマホを見ながら下を向いて歩いているのが、人間のあるべき姿なのか」、という疑問から生まれたそうです。

2011年に発表された最初のモデルはゴーグルタイプで3.6キロと非常に重く、使い物にならないような有様だったそうです。しかし、2012年にはメガネタイプのデバイスへと進化し、注目を集めました。2014年に、一般発売されました。レイバンやオークレイなどと提携、225ドルでメガネフレームを提供しました。

デザインだけでなく、重量も通常のサングラスと変わらないという点が特筆すべきところでしょう。重い眼鏡をかけていると頭が痛くなってくることは、起業・スタートアップを計画されている閲覧者の方にもご理解いただけるでしょうから。

情報は、メガネのレンズ上に表示されます。

OSでの経験から、他のAlphabet(アルファベット)の子会社と同様に開発者プログラムが用意されており、グーグルの名声で多くの一般のプログラマーが参加している点で、同業他社と差別化しています。

また、消費者視点も必要だと考え、Google Glass(グーグルグラス)のイベントに参加し、1500ドルと引き換えにプロトタイプ端末を受け取った8000人の一般の方が、そのアイデアをGoogle+やツイッターで投稿できるようにしました。

Webマーケティングを知り尽くしたグーグルらしいと感心させられます。消費者に当事者意識をもたせることができるわけです。また、消費者がGoogle Glass(グーグルグラス)をどのぐらい必要としているかも、掴むことができたわけです。

Wi-Fiやスマホのデザリング機能で使用でき、音声コマンド入力時には「OK, Glass!」と呼びかける必要があるので、Google Glass(グーグルグラス)に自然に愛着が湧くことになります。

起業家・アントレプレナー必見!Google Glass(グーグルグラス)の機能とは?

Google Glass(グーグルグラス)は、2012年にはTimes紙が選ぶ「Best Innovation of the year」に選出されるなど、大きな評判を呼びました。ファッション・ショーでも使用されるなど、その機能だけでなく、デザインの素晴らしさも特筆すべきでしょう。

機能としてまず挙げられるのが、写真とビデオ撮影の機能です。しかし、ビデオ撮影時には一応ライトが表示されますが目立たないようになっているので、「プライバシー侵害では?」と大きな問題となりました。録音機能も、同様に問題視されました。

基本的には、スマホと同様の機能が使用できます。特にグーグル・マップをGoogle Glass(グーグルグラス)を装着しながら使用できるのは非常に便利ですよね?

音声だけでなく、側面にある部分をなぞることでも、操作できます。

しかし残念なことに、デザイン性やユーザビリティよりも上記のプライバシー侵害が大きく取り上げられてしまい、僅か1年後の2015年には一般向けの販売が中止されてしまいます。

一般向けの発売が中止になったのは、非常に残念です。この日本語字幕もついているTEDのブリン氏の講演動画を見ると、Google Glass(グーグルグラス)がいかに便利なのかを、起業家・アントレプレナーを目標とするシニア・女性・若年層の方にもご理解いただけると思います。

GoProのようなアクションカメラは必要なくなってしまいますよね?ハンズフリーで行き先を命令したり、Googleマップを表示しながら走行したり、前方の風景を撮影するなど、自動車の中限定で使用できるようにして、一般向けにも発売してもらえると非常に便利になると思うのですがいかがでしょうか?

2017年にはB2B製品の「Google Enterprise Edition」が、2018年には新モデル「Google Enterprise Edition2」(999ドル)が発表されています。医療機関や工場などでの使用を前提としているため、デザインはオシャレとは言い難くなってしまいました。

それでも、両手を使う仕事の方向けにデザインされたこの製品は非常に役立っているようです。

例えば、工場でなにか原因不明の故障が起きた際に、工員が現場で見ている映像を、遠く離れたオフィスに居る修理の専門家にリモートでリアルタイムに見せることができるそうです。

少量生産の複雑な組み立てプロセスでも、いちいちコンピュータ画面で確認する必要がなく、設計図をGoogle Glass(グーグルグラス)に映しながら作成できるので、生産性を25%も上げることができたそうです。

医療分野では、まず診断に使用されました。医師はコンピュータ画面に向かうことなく、より多くの時間を患者と対面しながら使うことができるようになったそうです。さらには、腹腔鏡手術でGoogle Glass(グーグルグラス)を装着することで、リモートで他の医師からアドバイスを受けたり、医学生の研修に使用されているそうです!

今まで解説してきましたように、Alphabet(アルファベット)のメディカル分野での貢献は、日本に住んでいる我々の想像を遥かに超えていますよね。

次回はGoogle playgroundとARCoreについて解説したいと思います。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。