起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 アプティブ(Aaptiv)1

2021/01/18

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。今回と次回は2回に渡り、フィットネスアプリとアプティブ(Aaptiv)について、将来の起業家・アントレプレナーであるみなさんと共に見ていきましょう。まずは、フィットネス・アプリについてです。

起業・スタートアップを目指す方必見!フィットネス・アプリとは?

フィットネス・アプリとは、いつでも、どこでも使用できるフィットネス用のスマホ向けアプリを指します。2015年時点でiOSとアンドロイド向けフィットネス・アプリの数は、16万5千もあったとのことです。この分野に注目した起業家・アントレプレナーは、5年前の時点でも沢山いたという事ですね。

主な機能は、ユーザーにトレーニングのゴールを設定させ、様々なワーク・アウトのプログラムを提供し、消費カロリーや走った距離などのデータを記録し、達成度をSNSでシェアするなどとなります。

目標、ユーザーのアスリートとしてのレベル、流したい音楽、好みのインストラクター、プログラムの時間など、プログラムは、ユーザーによって異なります。全てが、その個人の好みに合っている、つまりパーソナライズされていることが、フィットネス・アプリの人気の秘訣のようです。

アップル・ウォッチなどのウェアラブル・デバイスから心拍数などの記録を収集する、ゲームのような要素を持つ、友人や家族と競わせることを動機づけにしているなど、アプリにより特徴があるそうです。

近年の流れで、当然、動画によるアプリが多いそうです。しかし、モデルなどの美女インストラクターのアプリは、見られているだけで使われていない、という声もあるそうです。

米国では、イヤー・バッズと呼ばれる耳に挿入するタイプのイヤフォンが急速に普及し、音楽だけでなく、前回ご紹介したカーム(Calm)のような音声アプリが、さらなる成長を見込まれているようです。

実際、フィットネス・アプリは新型コロナ・ウイルス流行前から、急成長していました。流行後には、さらに伸び率が加速化するのは、申し上げる必要もないでしょう。下記の記事によると、2015年には僅か500億円だった市場が、2019年には3500億円となっています。2019年から2026年の間には、21.1%成長するそうです。

1万円ほどするジムの月会費や、毎回1,500円等のジムでのパーソナル・トレーニングの受講料も必要なく、コロナの心配もなく、今日からでも始められるのです!フィットネス・アプリは、アマゾンのようはECサイトやネットフリックスなどの映画・TV番組配信サービスと並び、ポスト・コロナの勝ち組の一つとなることでしょう!

未来の起業家・アントレプレナー注目!アプティブ(Aaptiv)の起業に必要だったのは、やる気のない人をやる気にさせられるというアイデアだけ!

さて、それではアプティブ(Aaptiv)について、未来の起業家・アントレプレナーであるみなさんと一緒に見ていきましょう。アプティブ(Aaptiv)は、2015年にニューヨークで設立された、音声でインストラクターが指導してくれるフィトネス・アプリです。アップル・ストアのオーディオ・フィットネス・アプリ部門では、トップとなっているそうです。ポイントは、動画ではなく、音声のみのクラスだということです。

動画をダウンロードし、iPadなどで見ながら行うワークアウトは、面倒で長続きしない。それよりも、好きな音楽を聞きながら、インストラクターの叱咤激励で目標を到達できるという発想から来ているそうです。今まで色々なダイエットを試したけれど、リバウンドがあるので、無理なく続けられる軽めの糖質制限ダイエットが流行しているのと、似たようなアイデアといえるのではないでしょうか?

設立者は、トップ10の一つであるペンシルヴァニア大学ウォートン校でM.B.Aを取得し、リーマン・ブラザーズでヘルスケア分野のM&Aを担当、その後はヘッジ・ファンドやマッキンゼーのコンサルタントとして経験を積んだアガウォル氏です。カリフォルニア・ベイエリアではなく、N.Y.C.で設立されたのは、彼のバックグラウンドによるからでしょう。以前は太り気味だったという彼は、現在ではシェイプアップされた肉体を手に入れ、自ら広告塔としての役割を果たしています。

そして、特筆すべきは、このアプティブ(Aaptiv)には、ベイ・エリアのスタートアップのような、特許や技術も何もないのです。ただのアイデアだけ、ということです。前回ご紹介したカーム(Calm)と同じですよね?

誰もが、どこにいても健康を保てる、ということを目標としています。トレッドミルや欧米で人気のエリプティカル(腕を押してステップを踏む運動器具)などのようにジムでも、ランニングやウォーキングのように屋外でも、そしてヨガやストレッチのように屋内でも、アプティブ(Aaptiv)を活用できるのです。

アメリカはご存知のように肥満率が高く、3大疾患の中でも糖尿病が特に患者数が多いので、フィットネスは必須となっています。筆者もそうですが、ジムにでかけたり、ランニングに行くのはもちろん、家でストレッチをするのもが面倒な方が多いわけです。そうした方々を対象に、インストラクターの声による励ましで、とりあえずフィットネスを始めてみようという動機づけの獲得を目指しているとのことです。

汗まみれの人に囲まれて、インストラクターに叫ばれながら、いやいやレッスンを行う必要はありません。自分のペースで、好きな場所で行えるのです!運動が習慣となっているアスリート・タイプの方よりも、フィトネスが苦手な方の間で、口コミで人気が広まったとのことです。「これだったら私でもできているから、やってみれば?」という感じだそうです。

筆者自身の経験でも、テニスやスカッシュであれば友人との約束があるので、決まった時間に、決まった場所に、仕方がなくでかけていくことになります。そのついでに、非常に苦痛なのですが、ジムでフィットネス器具でのトレーニングも行っています。しかし、ジムでのマシーンによるワーク・アウトや屋外でのランニングとなると、全く長続きした試しがありません。それどころか、テレワークで家にいてさえも、せっかく購入したエアロバイクに乗るどころか、ヨガ・マットでストレッチを行うことも稀です。筆者のようなフィットネスへの熱意がない人間には、なにか背中を押してくれるものが必要なのです。

それこそが、まさにアプティブ(Aaptiv)、ということなのでしょう!次回は、アプティブ(Aaptiv)の沿革、その機能と特徴について解説していきます。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。