起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 ウェイモ1シニア・女性・学生の起業でも注目のスタートアップ

2020/09/30

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。

今回からはアルファベットの自動運転分野の子会社であるWaymo(ウェイモ)についてお話していきますが、まずは自動運転そのものについて説明をさせていただきます。

起業家・アントレプレナー注目!自動運転とセルフドライビングカーとは?

最近になり自動運転についてのニュースを、日本でもようやく見かけるようになってきたと、感じています。自動運転とはそのままズバリ、人間が運転しなくても自動走行する技術のことで、自動運転で走る車自体は米国ではセルフドライビング・カーやロボット・カーと呼ばれています。

筆者が初めてシリコンバレーでロボットカーを見かけたのは、2013年だったと記憶しています。仕事も終わり、シリコンバレーのレストランに向かっている時に、SRIべンチャー社長である友人から、「ほら、見てみなよ、あの屋根に黄色い回転灯を回しながら走っている車がグーグルのセルフドライビングカーだよ」と教えられたのですが、なんのことだか分からずに説明を求めたのが思い出されました。

もちろん助手席に人間が乗っているのですがあくまでも補助であり、自動運転されている、公道を走ることで様々な運転時のパターンを覚えこんでいるという説明だったのですが、全くどういう仕組みになっているのかが見当もつきませんでした。

日本に戻ってきて興奮しながら車好きの某一流大学のある分野の理系の教授である友人にこのセルフドライビング・カーの話をしたところ、そんな事は不可能だと一刀両断にされてしまいましたが……。

あれから7年経ちましたが、日本では公道での自動運転車など見かけることもありません。他分野においても、例えばロボットによる腹腔鏡手術が盛んに行われている米国に対してまずは体験できない日本を比較すると、日本はウォークマンを生み出した頃のような世界最先端の国ではもはや無くなってきているのではとの危惧を覚えてしまいます。

起業・スタートアップを目標とする方必見!自動運転車の定義と歴史

ここでまず将来の起業家・アントレプレナーであるみなさんと、自動運転車の定義と歴史について振り返っておきましょう。

自動運転車は人間が操作をしなくても自動走行してくれる車のことで、前車との間隔を測るレーダー検知技術や超音波センサー、前方や周囲の環境を認識するカメラ、行く先を指定すればナビゲートしてくれるGPSやグーグルマップ、走行した道路の特徴を収集し、解析していくAIのような様々な技術を搭載しています。

ここで紹介する自動運転車は、あくまでも公道を走るみなさんの目に触れるものを指しています。しかし、建設現場等危険が回避できる場所においては、すでに実用化されています。また、磁気装置を地面に埋め込みそのレールの上を走る自動運転車としてはゴルフ場でのカートがあり、ゴルファーのみなさまにはお馴染みでしょう。

自動運転車は1980年台から研究開発が進められており、レーダーにより前車との間隔を自動で判断する技術を日産が開発などのニュースは、日本でも流れていました。しかし、それはあくまでも衝突回避、事故防止の安全対策に重きを置いたものであり、自動運転車なんて、SF小説や映画、漫画に登場するものという認識が日本では主流だったといえるでしょう。

しかしSRIインターナショナルの紹介の回に登場したダーパ(DARPA、アメリカ国防高等研究計画局、手術用ロボット「da Vinci」のプロトタイプをイラク戦争のために開発)が2004年からDARPAグランド・チャレンジと呼ばれるロボットカー・レースを企画、現在まで5回実施されています。

この自動運転プロジェクトをダーパ(DARPA)が企画したのも、戦場において遠隔操作で兵士をロボットが手術するために開発されたダヴィンチ(da Vinci)同様に、地雷や砲撃から兵士を守るために自動走行する戦闘車両のニーズがあったためとのことです。戦争により科学文明が進歩するという歴史は、人類に未だに引き継がれているようです。

そして、2007年の第3回の大会では市街地を想定したコースが設定され「アーバンチャレンジ」という名称で呼ばれるようになり、注目を集めました。この大会には当時のグーグルのCEOで創業者であるペイジ氏も訪れ、グーグルが自動運転技術に参入していくきかっけとなったようです。

公道での走行実験も米国では2011年にグーグル(次回から紹介するWaymo)の車両に自動運転車として初めてのナンバープレートが付与、2012年からカリフォルニア州とフロリダ州の公道で開始されました。そのため、筆者がグーグルカーを2013年に目撃した際には、シリコンバレーの住民の間ではその存在はよく知られるものとなっていたわけです。

そして、グーグルの参入により既存の自動車会社も、その開発に力を入れるようになります。例えばBMWは、渋滞時の自動運転システムをすでに日本仕様の車両にも2019年夏以降のモデルに搭載しているようです。

しかし、2016年には電気自動車では世界一のシェアを誇るテスラの運転支援機能を搭載したテスト・カーが米国フロリダ州で大型トラックと衝突、運転手が死亡した事故が起きてしまい、自動運転車に対する危惧が囁かれました。この記事は日本でも報道されていたので、起業・スタートアップを目指す閲覧者であれば覚えていらっしゃる方もおられると思います。

次回は日本の自動運転の状況と自動運転のレベルについて説明していきたいと思います。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。