起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 マカニ(Makani)1

2020/11/02

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。今回からは、将来の起業家・アントレプレナーであるみなさんに、アルファベットによる通常の風車ではなく、空中に浮かんだカイトによる風力発電装置を開発するMakani(マカニ)について解説していきます。

まず第1回目は、風力発電が必要とされるきっかけとなった地球温暖化の歴史と世界情勢について、振り返っておきましょう。

起業家・アントレプレナー注目!地球温暖化問題の始まりと筆者が問題意識を持った経緯

地球温暖化についてのリスクが日本で語られ始めたのは、1988年頃でした。プライベートな話になりますが、当時東京藝術大学卒業のアーティストと交流があった筆者は彼女から友人を紹介されたのですが、環境問題などに関心のある彼等とすぐに意気投合し、当時は冷戦状態にあったアメリカとソ連(現在のロシア)が協力してIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が設立されるということは、状況は相当まずいということだよねという議論を、昼間のカフェで数時間延々としたことが思い出されます。

そしてM.B.A.に出願するための取得動機のエッセイには、「新しいウォークマンが出たらすぐに買替えることをやめる、車の保有期間を長くするなどして工業化を抑えるべきだ。しかし産業が回らないと経済が発展しないので、当時居酒屋では主流だった星印がついたサッポロビールなどのチープなコップをおしゃれなコップに変える、すべて同じ形の電子ポッドなどの家電をおしゃれなデザイン家電に変えるなど、CO2排出を削減するために長く愛着を持って使える高価な商品の開発を推進するべきだ」というアートによる経済発展という理論を展開しました。アイビー・リーグに属する某トップ20 M.B.A校に合格できたのはこのエッセイのおかげだと思っています。大学時代にほとんど大学に行かなかったので、GPA(大学の成績)が非常に低かったからです。

起業・スタートアップを目標とする方必見!地球温暖化問題への世界の取り組みの推移

話が逸れましたが、地球温暖化問題はその後ゆっくりながらも進展していき、1995年にCOP1で地球温暖化対策の必要性が合意され、CO2の削減目標やその手法について議論が行われました。1997年のCOP3で、具体的な排出量削減値を盛り込んだ京都議定書が議決されました。

しかし、その後は議論が進まずに何の施策も打たれることがなく、京都議定書が発行し、法的削減義務が発生したのは2005年でした。この間に地球温暖化問題が世間で話題にのぼることは、ほとんどなくなってしまったのです。

そして2007年には、2000年の大統領選挙で総合得票数でブッシュ・ジュニアを上回りながらジュニアの弟が知事を務めるフロリダ州での不明瞭な開票手続きで落選してしまったクリントン政権での副大統領だったアル・ゴア氏が、地球温暖化への啓発活動によりノーベル平和賞を受賞しました。欧米(米国では民主党氏支持者において)では、温暖化問題が大きな話題となったのです。

しかし、欧州が太陽発電、風量発電、地熱発電など自然の力による再生可能発電を積極的に推し進めたのに対して、経済優先の共和党政権であった米国は京都議定書を離脱、中国は削減義務がなく排出量をどんどん増やしていきました。

ロシアを含めた2007年開催のG8でCO2を2050年に半減することが決定したものの、いつを基準としてなのかが示されず、同年米国のブッシュ・ジュニア大統領主導で中国を含めた20カ国で開催された気候変動に関する会議で、排出量削減目標には拘束力がないことが合意されてしまいました。

残念ながら、経済よりも環境問題に関心のある欧州や米国の民主党支持層にしか問題意識がなかったというのが、当時の実態でした。

起業家・アントレプレナー注目!地球温暖化問題への危機意識が強いのは欧州と米国の民主党支持層

ここで起業・スタートアップを目指すみなさんには、米国が一枚岩ではないことがおわかりいただけたと思います。英国人の友人が以前言っていた言葉がわかりやすいので紹介しますと、英国を含めた欧州は米国に例えると、民主党支持層と考え方が一致しているということです。

地球温暖化などの環境問題や性や人種による差別の撤廃、移民の受け入れなどに熱心なのが、欧州や米国の民主党支持層です。民主党のクリントン政権で副大統領だったアル・ゴア氏が地球温暖化への啓発活動でノーベル平和賞を受賞、欧州が再生エネルギーの推進に積極的であり、欧州を旅行すると風力発電用の風車が多く見られる、ドイツのメルケル首相が中東からの移民受け入れに積極的だったことなどで未来の起業家・アントレプレナーである閲覧者の方にもご理解頂けるでしょう。

反対に米国の共和党支持層は環境問題よりも経済優先であり、移民の受け入れには反対という立場です。特にブッシュ家はテキサスが地盤であり、石油産業と密接な関わりがあるため、石油などの化石燃料を否定する再生可能エネルギーには賛同できないという立場に有りました。

2000年の大統領選挙でアル・ゴアがブッシュJrの代わりに大統領となっていたならば、欧州だけでなく米国の主導で地球温暖化対策が進展し、昨年から大きな問題となっっている世界中で史上最高気温が記録され、北極や南極の海氷が溶け出し、オーストラリアやカリフォルニアの山火事で多くの山林が焼けるという事態も起こらなかったかもしれません。

次回はMakani(マカニ)が行っている風力発電の長所と短所、Makani(マカニ)の既存の風力発電との差別化について見ていきましょう。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。