副業・起業のためのシリコンバレーの企業紹介
ロビンフッド(Robinhood)1

2021/07/19

アタッカーズ・ビジネススクールの、投資・副業・起業を目指すミレニアル世代・シニア・女性等への起業のアイデアとなる、シリコンバレー等の注目企業紹介のコラム。今回はロビンフッド(Robinhood)について、将来の起業家・投資家であるみなさんと共に見ていきましょう。

投資・起業・スタートアップを目指す方必見!ロビンフッド(Robinhood)の概要とミッション

ロビンフッド(Robinhood)は、アメリカではミレニアル世代に特に人気の投資用アプリです。iPhone、Android、Apple Watchに対応しています。SEC公認の証券ブローカーですが、いわゆるネット証券ですのでウェブサイトはありますが、対面店舗は存在しません。サンフランシスコ・ベイエリアのメンローパークに本社を構えています。

12世紀末の第3回十字軍にリチャード獅子心王が出征すると、王弟ジョンの圧政に耐えかねた義賊がシャーウッドの森に集まり、王に抵抗したという伝説があります。そのリーダーであり弓の名手であったイギリスの国民的ヒーローのロビン・フッドから名を取っています。ロゴにはロビンフッドのトレードマークである緑の羽が描かれています。アメリカではリーマンショック以降に格差が増大し2011年には、1%の金持ちが富を独占しているとし、格差の根絶を訴えたミレニアル世代がウォール街にデモ行進するという事件も起きました。彼等の心を捉えるため、民衆の味方である英雄の名前を社名としたわけです。

取引手数料が無料であり、ミニ株として例えば1株100万円の株式でも1ドル、約100円から投資できるのです。お金持ちしか参加できなかった株式取引を全ての人に開放したとして、ロビンフッド(Robinhood)は特にミレニアル世代に熱狂的に受け入れられました。特にアメリカでは新型コロナウイルスの流行以降毎週600ドル、毎月25万円ほどの多額の失業給付金が出たため、それを元に株式取引を始める方が急増したそうです。

株式などの投資の初心者であっても、ユーザーフレンドリーな画面で、1ドルから、いつでも、どこでも投資ができるのです!

起業家・アントレプレナー注目!ロビンフッド(Robinhood)の沿革とその商品とは?

ロビンフッド(Robinhood)は、上述のウォール街へのデモ行進に触発された2人のスタンフォード大学卒業生により2013年に設立されました。彼等はニューヨークのHFTのシステムを構築した経験があり、実はHFTの事情に通じていたのです。3億円の資金を調達し、株式取引用のiOSアプリの開発に着手しました。

日本同様にETRADEを筆頭にネット証券は存在しましたが、株式取引用のアプリはなく手数料も徴収されていたからです。通常は最低でも約5万円の資金と1回の取引の手数料に約500円が必要でしたが、最低資金を1万円にし、手数料を無料にするというアイデアでした。なぜ無料にできたかについては後述しますが、HFTとの関係があったからだと推察されます。

翌年さらに約13億円を獲得し、2015年3月に製品をローンチしました。当時の属性は平均年齢が26歳であり、彼等の読みどおりにミレニアル世代から支持を集めました。そして手数料が無料のためか、ユーザーの半分は毎日、90%は毎週という高頻度取引を行っていることも判明しました。

2017年4月には約110億円を調達し企業価値が約1,300億円となり、ビリオンダラーの価値があり未上場と定義されるユニコーン企業の仲間入りを果たしました。

2018年2月には口座数が300万となり、最大手のETRADEと並び注目されます。5月には約550億円を獲得し、市場価値は約6,000億円となりました。ブルームバーグによると、2019年にはさらに200億円を調達し、価値は7,000億円となったそうです。

2020年には最初の3ヶ月でユーザー数が300万人も増加し、5月には最大手VCであるセコイア・キャピタルのリードで約300億円を入手しました。さらに8月には追加で200億円を調達、市場価値は約9,000億円から一気に約1兆2千億に上昇しました。まさに新型コロナウイルスの中で最も成功したスタートアップと言えるでしょう。業界首位のETRADEと比べても市場価値はわずか10%下回るだけにまで成長を遂げました。取引額ではチャールズ・シュワブやETRADEを抜いたそうです。

ロビンフッド(Robinhood)の商品の特徴は、1.アプリである、2. 手数料が無料、3. ミニ株として1ドルから投資可能、4. 資金が少なくてもポートフォリオが自由に構築できる、4. スマホにも対応しているのでいつでも、どこでも、1クリックで取引が可能、5. デザインがオシャレで使いやすい、ということです。

当初の取扱商品は株式とETFのみでした。2016年には約10万円を即座に入金できるシステムを導入しますが、それ以前は3日もかかっていました。この点ではミセスワタナベが活躍している日本のFX企業の方が進んでいたようです。

2016年には取扱商品に金が追加されました。500万円までの金購入プラン、詳細な市場分析も追加されました。月5ドルからの積立プランも用意されています。半年も経っていない2017年2月には3,000億円もの取引実績を上げました。

同年には友達紹介による株式のプレゼントサービスが開始されましたが、まさにミレニアル世代向けのマーケティング戦略だといえるでしょう。反面、投機という側面が強くなっており、ハイリスクな1セント株への投資が禁止されました。また、2019年には取引手数料無料プランに競合他社も追随、その存在感を見せつけることとなりました。未来の起業家やアントレプレナーの閲覧者の方にも、なぜミレニアル世代からの支持が大きいかをご理解いただけたでしょうか?

株式取引では端株を購入できる制度や積立方式、S&P500などの指数ではなく各株についてのオプション取引も導入されています。

2018年には電子通貨も購入できるようになりました。ビットコインとエチレウム取引をカリフォルニア、マサチューセッツ、ミズーリ、モンタナの4州で開始、ウィスコンシンとニューメキシコも追加されました。

金利が1.8%をうたった銀行事業にも参入を果たしています。

未来の起業家・アントレプレナーのみなさんの印象はいかがだったでしょうか?

次回はその問題点と特徴について深掘りをしていきます。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。