• ホーム
  • 海外企業紹介
  • 起業・スタートアップのためのシリコンバレーの企業紹介 DeepMind (ディープマインド)1

起業・スタートアップのための
シリコンバレーの企業紹介 DeepMind (ディープマインド)1

2020/11/30

アタッカーズ・ビジネススクールのスタートアップを目指すシニア・女性等への起業のアイデアとなるシリコンバレーの注目企業紹介のコラム。今回からは遂に本命の登場です!今までご紹介してきたAlphabet(アルファベット)の子会社の発展に寄与してきたAI企業DeepMind(ディープマインド)について、起業・スタートアップを目指すみなさんに解説していきます。

起業家・アントレプレナー注目!AI(人工知能)とその歴史とは?

まずは、AIについて、おさらいしておきましょう。将来の起業家・アントレプレナーである閲覧者の方はAIについてはもちろん目にする機会が多かったでしょう。Artificial Intelligenceの頭字語でAI、人工知能と訳されます。

これまで人間にしかできなかった認識、推論、創造などの行為を膨大なデータを元にそのアルゴリズムを解析してコンピュータが代用することです。人類に匹敵した知能を持ったコンピュータといえば分かりやすいでしょうか?

SF作品には昔から登場しておりスタンリー・キューブリック監督の名作映画『2001年宇宙の旅』(1968年)に登場するHAL9000がAIの原型と言われていますので、興味のある方はご覧になると将来のAIの姿の把握の助けになると思います。人間の命令にNOといえるコンピュータです。

AIには2つの基盤があります。一つがディープラーニング(深層学習)、もう一つがビッグデータで、これについて理解していただければAIについてはある程度わかったということになるでしょう。

ディープラーニングは、人間の脳の持ついくつかの特性を数理化したマシーンラーニング(機械学習)方法で、2006年に提唱されました。膨大なデータ(ビッグデータ)から導き出されたパターンと推論を、コンピュータの圧倒的な計算能力を用いて統計処理して結論を出すわけです。

コンピュータの処理能力の驚異的な進歩と多層ネットワーク化でエラー率が劇的に改善しました。

ビッグデータは、処理できうるデータ量を超えた膨大なデータ、と言う意味です。グーグルがデータ処理を分割し複数のコンピュータで並列処理する技術を2004年に発表、膨大な数のサーバを有するグーグルがこの分野でも優位にたっています。

このビッグデータとディープラーニングの併用により2010年代からAIが脚光を浴びるようになり、2016年にDeepMind社が作成したコンピュータ囲碁プログラム「AlphaGo」が韓国のトッププロ棋士を破り、大きなニュースとなりました。

1997年にチェスの世界チャンピオンを破り話題となったIBMのDeep Blueのように、最初から設定されたプログラムではありません。マシンラーニング技術により、人間の対戦相手と同じ条件でプレイしていることが、Deep Blueとの大きな違いだということです。

そして2017年には、改良版の自己学習版である「AlphaGo Zero」が、「AlphaGo」を100勝0敗で破ったそうで、もう人間がAIに勝つことは不可能という次元に達したようですね。

起業・スタートアップを目指す方必見!AI企業として世界トップレベルのDeepMind(ディープマインド)とは?

DeepMind(ディープマインド)は2010年に創業されたイギリスの人工知能会社で、スペース・インベーダーなどの70年代や80年代に流行したビデオゲームをAIに学習させることから始まったそうです。

テスラやスペースXのファウンダーであるイーロン・マスクなどからの投資を受けた後に、7つの異なるアタリ社製のビデオゲームとAIが対戦できるという論文を元に、2014年にはグーグルに買収されました。本拠地はロンドンですが、カナダやアメリカ、フランスにも研究拠点があります。

DeepMind(ディープマインド)はマシンラーニングと人間の神経システムの機能(ニューラル・ネットワーク)研究から、人間の脳について理解することでコンピュータに知性を与えることを目的としています。

AIを社会や人々のために役立てようという2016年に設立された非営利組織Patnership on AI の設立メンバーにも、アマゾン、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、IBMというビッグネームと共に名を連ねています。

起業家・アントレプレナー注目!もう人間が太刀打ちできないゲームプレイヤー

上記のコンピュータ囲碁プログラム(AlphaGo)のようなコンピュータの知力が人間と同等であることを証明するプログラムでは、「AlphaZero」という囲碁だけでなくチェスや将棋にも適用できるプログラムもあり、「AlphaGo Zero」のように無敵のようです。

「AlphaGo」の他のAIとの違いは、過去の囲碁のトーナメントのデータを元に、その脳が様々な一手を打つことだそうです。勝利からも敗戦からも学び、人間を真似てどんどん進化していきます。

「AlphaGo」は2つつのニューラル・ネットワークを元にしているそうです。1つは、次の一手の可能性を探り、一手を決める価値のネットワーク。もう1つは、学習により学ばれて、どんどん進化するポリシーのネットワークです。この2つにより、相手の最も可能性の高い一手を特定するのです。

さらに、自分自身と数百万回もゲームを行うことで進化させ、勝率を高めていくとのことです。人間はどんなゲーム好きでも数百万回ゲームをするのは不可能ですから、不死身の伝説のプレイヤーと勝負をすることになるのですから勝ち目はないですよね?

そして「AlphaStar」という名前でE-Sportで人気のゲーム分野にも導入され、「スタークラフト2」というゲームでも上位0.2%のグランドマスターレベルとなったとのことです。

もうこうしたゲームの分野では人間のDeepMind(ディープマインド)のAIプレイヤへの勝利はほとんど不可能になっているようです。

次回はDeepMind(ディープマインド)についてさらに深掘りしていきましょう。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。