• ホーム
  • 海外企業紹介
  • 起業・スタートアップのためのシリコンバレー等の注目企業紹介 SRI International 1

起業・スタートアップのための
シリコンバレー等の注目企業紹介 SRI International 1シニア・女性・学生の起業でも注目のスタートアップ

2020/07/22

アタッカーズ・ビジネススクールの、スタートアップを目指すシニア・女性・若年層等への、起業のアイデアとなるシリコンバレー等の注目企業紹介のコラム。このコーナーでは、海外で注目されているベンチャー企業について紹介していきます。

第1回目は、日本ではあまり知られていないのですが、実は世界最大の研究機関であるSRI Internationalと、その子会社であるSRI Venturesの概要と日本の類似機関について解説します。SRI Venturesは、SRIの開発した技術を元に、Google社などの著名企業を含む民間企業との提携で、毎年多くのスタートアップ企業を生み出しています。

世界最大の研究機関であるSRI Internationalは国防省との関係が強い非営利研究機関

SRI Internationalは1946年に、スタンフォード大学内の研究機関として、Stanford Research Instituteとして設立されました。1970年に大学から独立、77年にStanfordの名を外し、現在のSRI Internationalに呼称も変更しました。

SRI Internationalの特徴は、

1. 非営利団体であり企業のように利益を追求していない

2. 企業との共同研究を行い特許をライセンス提供し、スピンアウト企業も多い

3. 政府関係の研究も多く手がけている

ことです。

本拠地はスタンフォード大学のあるスタンフォードよりは少し北、サンフランシスコからは車や鉄道で1時間ほどのFacebookも本社を構えるメンロー・パークです。東部の名門校であるプリンストン大学のあるプリンストンにも、研究拠点を構えています。

また、将来の起業家・アントレプレナーである閲覧者の方でもご存知の方は少ないと思いますが、実は政府のあるワシントンD.C.にも拠点を構えています。これは、政府機関とのプロジェクトを多く抱えているのが理由、とのことでした。

2014年9月からCEOを努めているジェフリー氏も国防省の下部機関の出身であり、政府機関の中でも特に国防省との関係が強い研究機関のようです。

その中でも特に、米国国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency )、通称DARPA(ダーパ)、と呼ばれる組織と密接な関係にあります。

2014年時点での従業員は約2,000名で、売上は約600億円となっています。

SRI Internationalに類似する日本の研究機関はどこ?

それでは、日本でSRI Internationalに比較される組織といえばどこがあげられるのでしょうか?

まず、最初に思い浮かぶのが、埼玉県和光市を本拠に神戸など各地に拠点を構える「理研」として知られ、生物・医学から工学までの基礎研究を行っている国立研究開発法人理化学研究所です。

設立は第一次世界大戦中の1917年であり、第二次大戦直後に設立されたSRI Internationalよりも長い歴史をもっています。人員も約3500名と、これもSRIを上回っています。

また、その研究分野は生物、医学、物理学、工学などあらゆる分野に及んでいます。スーパー・コンピューターから山中京大教授のノーベル賞受賞で一般にも知られるようになったiPS細胞まで、その研究は多岐にわたっています。

SRIと同様に基礎研究機関でありながら企業との産学連携に努め、研究成果を製品開発につなげる試みを行っています。

1998年からは「理研ベンチャー」という理研での研究成果を元にしたベンチャー企業育成も開始し、認定企業は2019年10月現在累計49社となっています。

その中では2011年に医師が設立したヘリオスというiPS細胞技術を活用した再生医療分野の企業が、2015年にマザーズに上場を果たしています。

他には「産総研」の略称で知られる、産業技術総合研究所」もSRIに近い存在といえるかもしれません。研究機関が集積する茨城県つくば市を本拠地とし、東京など日本中に拠点を構える独立行政法人です。

産総研も企業との産学連携に積極的で、その研究員には民間の大手企業出身の方も多いです。

また、SRI同様に、産総研の特許のライセンシング、その知的財産を元にしたベンチャー起業をサポートする取組みも行っています。

産総研が支援したベンチャー企業では、ジーン・テクノサイエンスという2001年に札幌で設立された企業が、2012年にマザーズに上場を果たしています。

リチウムイオン電池材料を開発し2019年のノーベル化学賞を受賞し話題となった吉野博士も、現在は産総研を拠点としているそうです。

日本では大学発ベンチャーが話題だが、米国では研究機関発スタートアップも多い!

日本では研究機関によるスタートアップ企業というのは、起業を目指しているみなさんにも馴染みがないと思います。理研から1社、産総研から1社と、2社しか上場していないこともあるのでしょう。

どうしても、大学発ベンチャーの方に目が向いてしまっていると思います。

しかし日本と異なり、起業の本場である米国においては、SRI Internationalのような研究機関発のスタートアップ企業にも注目企業が多いことを覚えておいてください。

次回はSRI Internationalについてのもう少し詳細な解説と、米国におけるPh.D.とM.B.A.の重要性について紹介していきたいと思います。

著者:ポッシュF
東京大学卒業後、世界のトップ20に入るアイビー・リーグのMBA修了。外資系IT企業のアナリスト、エグゼクティブ、Web社長等を歴任。3度起業し、2度のエグジットに成功している。
FX業界の重鎮である今井雅人氏の5冊の著書を再構成・無料公開した「FX初心者の資産形成・運用向け今井流FX入門・始め方と口座比較」の講義解説者でもあり、今井氏と並ぶトップFXアナリストの西原宏一氏につけられたあだ名がポッシュ。FはFXのF。